インプラントにまつわるエピソード

よくメリットばかり取り上げられるインプラントですが、デメリットにも注目する必要があります。

インプラントにまつわるエピソード

さまざまなデメリットとメリット

歯を失った際の効果的な治療方法としてインプラント治療というものが挙げられます。
このインプラント治療は、これまでのブリッジ治療や入れ歯よりも自然で、自分の元の歯のように噛めるといった点が評判になっており、高い人気を得ています。
しかし実際に治療を受けようというのであれば、メリットだけではなくデメリットにも目を向けなければなりません。
ではデメリットとしては、どのような点をあげることができるのでしょうか。
まず挙げられるのが、治療期間が長くなってしまうという点です。
症例によって差はあるものの、あごの骨に穴をあけて人工の歯根を埋め込み、歯根が骨に接着するまで待たなければなりませんので、通常ですと3ケ月〜6ケ月程度の治癒期間を要してしまいます。
上記にあげたブリッジ治療や入れ歯の場合には、このような時間がかかりませんので、この点でいくらか不利になっているといえるでしょう。
さらにインプラントのデメリットとしてあげることができるのが、かかる費用の大きさです。
検査費、手術費、人工の歯の費用等、すべて自己負担ということですので、総額すると数十万円にもふくれあがってしまうこともあるでしょう。
それで健康保険で行うこともできる他の方法と比べるといくらかネックになってしまうかもしれません。
さらにインプラントで問題になっているのが手術をしなければならないということだといえるでしょう。
この手術というのは必ず成功するというわけではなく、場合によっては神経や血管などに何かしらの障害が発生する可能性があると言わざるをえません。
それでもしインプラント治療を望んでいるのであれば、しっかりした経験や技術をもっている歯科クリニックのもとで治療してもらうというのは重要なことだといえるでしょう。
またこのインプラントというのは、誰でも治療可能だというわけではなく、いくらかの条件が必要になることがあります。
例えば免疫力や抵抗力が低下しやすいので、糖尿病の方、口腔内の衛生状態の悪い方、さらにはあごの骨が足りない方などもインプラント治療は基本的にはできないことになっています。
さらにインプラントを埋め込んだ部分は骨の成長が妨げられるため、成人していなくて成長過程にある方もインプラント治療はできないことになっています。
さらに治療を実際に行った後も、定期的に歯科クリニックに通ってケアをしていかないと「インプラント周囲炎」という病気にかかる可能性があるため注意が必要だといえるでしょう。

Copyright (C)2014インプラントにまつわるエピソード.All rights reserved.